ホーム > 町政情報 > 情報公開 > 個人情報保護制度

情報公開|町政情報

個人情報保護制度

個人情報保護制度について

この制度は、町が保有している町民の皆さんの個人情報を、正しく安全に取り扱うためのルールを定めています。皆さんの権利や利益を保護するために、自分自身に関する個人情報の開示や訂正などの権利を明らかにし、町政に対する町民の皆さんの信頼を確立させるためのものです。情報化社会といわれる今日、個人情報の利用により私たちの生活は豊かさと多くの利便をもたらす反面、情報の漏えいや予期しない収集・利用などの不安を生じる可能性があります。
町にも、皆さんからの申請や届け出などにより、多くの個人情報が保管されています。それらの情報の収集・保管・利用について条例により総合的に管理し、プライバシーの保護を図っています。

個人情報とは

氏名、住所、生年月日、性別のほか、健康状況、学歴、職業、家族の状況、所得の状況などにより、特定の個人が識別できる情報をいいます。

個人情報の取り扱いに関するルール

町が個人情報を取り扱うにあたっての基本的なルールは、次のとおりです。

  1. 個人情報の収集の目的を明確にし、その目的に必要な範囲で収集します。
  2. 個人情報は、原則として、本人から収集し、思想、信条などに関する情報は、法令等の定めがある場合を除き収集しません。
  3. 個人情報は、法令等の定めがある場合や本人の同意に基づくとき以外は、収集の目的以外で利用したり、提供したりしません。
  4. 保有する個人情報は、漏えいしたり、紛失することのないよう保管し、不要になった情報は、廃棄します。

個人情報の開示・訂正・利用停止の請求権

  1. 町が保有する個人情報のうち、自分に関する情報については、開示(閲覧や写しの交付)を求めることができます。
  2. 請求により開示された自分に関する情報に事実と異なる情報があったときは、訂正を求めることができます。
  3. 町が保有する個人情報のうち、自己に関する情報が、条例等に違反し収集・利用・提供されたものであるときは、その利用・提供の停止を求めることができます。

個人情報の開示・訂正・利用停止の請求権

  1. 法令などで開示できないとされている情報(印鑑登録票など)
  2. 個人の評価、診断、相談、選考等を伴う情報で、開示することにより事業事務の適正な執行に支障が生ずるおそれがある情報(内申書、カルテなど)
  3. 第三者の情報が含まれており、開示することにより第三者の正当な権利義務を侵害するおそれがある情報(各種相談記録、苦情記録)
  4. 町情報公開条例で非公開としている次の情報
  • 公にすることにより、人の生命、財産、地位の保護、犯罪捜査に支障が生ずるおそれがあるもの
  • 町、国および他の地方公共団体の内部審議検討情報で、公にすることにより、率直な意見、中立性を損なうおそれがあるもの
  • 監査、契約、調査研究、人事等の情報で、公にすることにより、法律、地位、公正な事務に支障があるもの
  • 個人から公にしないとの条件で町に提供された情報

なお、他の法令等の規定により個人情報の開示、写しの交付等を受けることができる場合は、この制度は適用しません。(例…住民基本台帳、選挙人名簿、他の制度で個人に交付できる各種証明など)

請求の方法

開示の請求や相談は、役場1階総務課で行います。
個人情報の目録を見て、開示・訂正等を希望する場合は「個人情報開示・訂正等請求書」に必要事項を記入して提出していただきます。ただし、請求や閲覧等などをする時には、免許証・パスポート・健康保険証などで本人であることを確認させていただきますので、必ずご持参願います。法定代理人が本人に代わってこれらを行う場合は、法定代理人であることを確認できる書類(戸籍謄本等)も併せて必要になります。
尚、郵便・ファクシミリ・電話・メールでは本人確認することが困難であるため請求できません。

このサイトの一部のコンテンツでは、下記のようなプラグインをインストールしていただく必要があります。
プラグインとは、ソフトウエア(ブラウザ)が標準で備えていない機能を拡張する外部ソフトウエアのことです。

Adobe Readerをダウンロード
Adobe Reader
PDFファイルの閲覧・印刷することができます。

開示・非開示の決定

開示できるかどうかの決定は、原則として請求書を収受した日の翌日から起算して14日以内に書面で、開示する場合は、日時・場所を、非開示の場合は、その理由をお知らせします。

開示の方法

開示は、お知らせした日時・場所で自己情報の閲覧・視聴又は写しの交付により行います。

費用

閲覧・視聴の費用は無料です。写しの交付の場合は実費として、A3サイズ以内1枚につき20円を負担していただきます。写しの郵送を希望する場合は、郵送料も負担していただきます。

救済制度

請求した個人情報が非開示又は訂正・利用停止が認められないと決定された場合、その決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づく不服申し立てをすることができます。その場合、町は学識経験者で構成する「個人情報保護審査会」の意見を聞き、その答申を尊重して容認するかどうか判断します。

このページに関するお問い合わせ

総務課 庶務係

電話: 0478-72-2111

お問い合わせフォーム