ホーム > お知らせ > 第5波抑制へ3度目の「緊急事態宣言」について~新型コロナウイルス感染症に関する町長メッセージ

お知らせ

第5波抑制へ3度目の「緊急事態宣言」について~新型コロナウイルス感染症に関する町長メッセージ

更新日: 202184

総務課


 町民の皆様へ  

 町民の皆様には、日頃より新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力をいただき誠にありがとうございます。また、感染症予防のため、イベント行事の中止や、公共施設の時短や休館など、大変ご不便をおかけしております。

 第5波となるコロナ感染拡大が止まりを見せない中、8月2日から千葉県を含む首都圏域が3回目の緊急事態宣言下となり、県内地域指定によるまん延防止重点措置での協力要請が、特別措置法に基づく徹底した防止策の要請となりました。おおよそ7割にも及ぶ変異株ウィルスの感染が主流となった今回の拡大の抑制には、大変な至難が予想され、強固な感染対策措置が必要にならざるを得ないと警鐘を鳴らす専門家の声も聞きます。最初の緊急事態宣言当時の国民意識と、現在の意識レベルに大きな差異が生じていることも憂慮すべきことだと思います。

 こうした中、感染抑制のキーポイントとなるのが「ワクチン接種」であると期待を寄せるところですが、国からの供給の不安定さや、若い年代層の消極的な接種希望の声を聞くと、心配な面も多々あります。おかげさまで本町のワクチン接種状況は、県下でいち早い実施が功を奏して、現在、65歳以上の高齢者では約89%の方が2回の接種を終えており、全体でも約40%の方が2回目の接種を終えていますが、今後の接種希望予約者数が伸びていないことも事実です。

 この感染拡大を抑制し、新しい生活様式を取り入れながら、一人ひとりの元気な笑顔を守るため、感染対策に協力頂き、コロナ禍を乗り越えて行きたいと思います。そして、この難局を乗り越えるため、行政の取り組みだけではなく、各事業主の皆様を含め町民一丸となって取り組んでいくことが必要です。

 皆様におかれましては、1年以上に亘るコロナとの闘いで「自粛疲れ」「コロナ慣れ」など、様々な思いはあろうかと思いますが、2回のワクチン接種を終えた方も含め、今後も気を緩める事なく、引き続き、マスクの着用、こまめな手洗い、消毒、飲食時は少人数での黙食などの徹底、そして、密集空間・密閉場所・密接場面の「3つの密」を避ける工夫を改めてお願いいたします。

 さらに、夏休みによる人流の増加が懸念されます。他地域からの感染症の持ち込みを防止するため、感染が拡大している地域への不要不急の外出については、自粛されますようご協力をお願いいたします。

 若い世代の皆様の積極的なワクチン接種へのご理解をお願いするとともに、ご家族、ご友人など大切な方の、そしてご自身の命を守るためにも、重ねてご協力を賜りますようお願いいたします。

 令和3年8月4日   神崎町新型コロナウイルス感染症対策本部   
           本部長  神崎町長  椿   等



詳細につきましては、千葉県のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務課

電話: 0478-72-2111

お問い合わせフォーム

緊急防災サービス

トピックス

神崎町の公共サービス